地震予測について

地震解析ラボは2015年初頭より解析システムにF-netを加え、
より高い精度の地震予測情報の提供をしています。

人の生命と財産を守る<その願いをこめて>
地震を数日前に予測して、防災・減災に役立てる情報を提供しています。

「地震解析ラボ」は、科学とテクノロジーの融合を実現して地震の短期予測情報提供を行っています。

・国立研究開発法人 防災科学技術研究所が運用されている広帯域地震観測網F-netと、VLF/LF、ULF、GPS各電波データを解析して地震予測をしています。

地震予測情報を運用することで人的、物的、経済活動損失の著しい軽減が可能になります

2週間以内の地震が予測できるということは、地震発生までに様々な準備を整えることができ、発生時被害と二次被害(より多くの被害を発生する)を軽減する可能性が高くなり、より速い復旧を実現し、減災に寄与する。

この観測システムを運用することで、地震の脅威にさらされている多くの国において地震災害リスクの軽減が実現し、「減災」と日々の生活の「やすらぎ」が訪れることを願っています。

これから私達は「地震学」「電磁気学」「火山学」「気象学」「数理統計学」「工学」をはじめ、多くの科学分野の方々にご協力いただき、それらを学際的に集結し、「地震予測」の精度を高めていきたいと考えています。


地震解析ラボTV

■地震学の世界的権威で地震予知学のオピニオンリーダであり、
日本学士院会員、東京大学名誉教授である上田誠也先生の講演。
上田先生の講演要旨(pdf形式・9ページ)

2013年1月26日(土曜日)11時40分~
慶應義塾大学日吉キャンパス
演題 「地震短期予測の可能性と防災」
動画収録時間 1時間13分


地震予測関連の動画リスト

地震予測に関連した講演会などの動画リストです。

金森博雄先生、日置幸介先生、長尾年恭先生、茂木透先生、森谷武男先生

順次追加してまいります。 動画リストを見る》》》

「地震予知」の基礎知識

(1)地震とは

地下の岩盤が周囲から押されることによってある面を境としてずれる現象のことをいいます。

(2)地震予知とは

地震を予知するということは、地震の起こる時、場所、大きさの三つの要素を精度よく限定して予測することです。
予知には、大きく分けて短期予知と長期予知の2種類があります。
・短期予知とは、地震が発生する直前(数日前~数週間前)に行われる予知のこと。
・長期予測とは、地震の規模や将来の地震発生の可能性について、たとえば今後30年以内の発生確率といった形で求めること。